So-net無料ブログ作成

「鬼」いよいよ今週初放送! [コン・ユ]

2016112202171_2.jpg

全身真っ白っていう、なかなか勇気のいるコーディネートでございますな。爆
個人的にはどうせなら、真っ黒タイプが見たかった気がするけど、
コレは神と死神って意味なんでしょうねぇ。

さて、いよいよ、楽しみ過ぎる「鬼」の初放送が近づいてきてますが、
もはや、ハナさんより皆さんの方が情報通なので、
何でもかんでも分かってるだろうと思ってるんですが、
昨日、ゲッチューの作業を手伝ってくれた某ニムが、
「鬼」が「日本から観れない」と思っていた事が意外だったんで、
一応、皆さんにも「視聴方法」をご紹介しておきますねーー。




「鬼」視聴方法

https://aqstream.com/tvn/tvN

↑に飛んで頂き、


gg.jpg


左側メニューの赤枠で囲った「tvN」と書かれているののどれか選択すると観れます。
(パソコン&スマホでは確認済みですが、ガラケーは分かりません。ごめんなさい)

最初にログインしてくださいとか出たりしますが、無視して大丈夫です。




で、観れるんだけども!



結構、固まるのよ(ToT)




そうなると再放送もチェックしたいですよね。


tvN番組票



無題.jpg


赤枠部分が「鬼」の枠で、画像は「鬼」の前ドラマのタイトルが入っておりますが、
ここに12月2日から「鬼(도깨비)」という文字が入ってくるはずです。


前ドラマの「THE K2」で確認したところ、チョコチョコと結構、再放送してるようなんで、
固まって観れなかったりしたら、空いてそうな時間見計らって、
再放送試みても良いかもしれないですね。

ってか、そもそも、平日20時とかフルタイムで働いてるハナさんにとっても、
ものすごーーーーく微妙過ぎる時間で(ToT)



もちろん、リアルタイムで何とか観たいと思いますけども、
のんびり座って観るというのは難しそうなんで、
メインは再放送で楽しもうかなーーと思ってますv( ̄∀ ̄*)v




ついでに、全く紹介してこなかった「鬼」の基礎知識を少しだけ、
ご紹介しておきますね。




2016112100530_0.jpg





重要人物

23530.jpg

キム・シン(鬼)/コン・ユ 935歳推定


国民らは彼を神だと呼んだ。 真っ赤な血をかぶったまま青く眼光を輝かせて敵を切る彼は文字そのままの武神だったが、自身が守った主君の刃に死んだ。 英雄で生きて逆賊で死んでいったキム・シンに天上の存在は褒美なのか罰なのか、老いることも死ぬこともない生を与えたし、それから935年の間、鬼で生きた。 心臓に剣を刺したまま。 “ただ鬼の新婦だけがその剣を抜くだろう。”ひどくロマンチックな呪いであった。 それで容易なことと思ったが彼が会ったどんな女も剣を発見できないまま不滅を生きたある日. 自分を鬼新婦だと紹介する十九才少女ウンタクとぶつかる。 彼にとって鬼新婦は苦痛から抜け出して消滅できる道具であった。 更に話せばウンタクは自身を殺すことができる唯一無二な武器であった。 死にたく苦しい日はウンタクの歓心を買ってまだ死ぬことは早いと思う日は遠ざけて一日に十二回ずつ心が一進一退した。 ウンタクの笑いに彼は何度もどこかを見て回りたい心に捕われた。 まわってもう一度見ようとすることが不滅の人生なのか、君の顔なのか。 あ、君の顔であるようだ。




23529.jpg
チ・ウンタク/キム・コウン 19歳

人々目には見えない死んだ魂が見えたし,だから友達の間ではいつも孤独な人であった。 母のいない空の下悪い叔母と叔母とそっくりな叔母子供たちのあくどい虐待を耐えて過ごしてずっと十年. あらゆる不幸なソースをみな殴って入れたごった煮ようなこの人生が情けない渦中に、鬼に会った。 そしてウンタクは鬼新婦になる運命とのことだ。 ミステリーホラー貧困物だった人生に突然ファンタジーというおかしなジャンルが挟まった。 あかりを消せば常に鬼が現れた。 好奇心に呼び出したこと習慣になって、見なければ見たくて、おばけを待つことはまだこなかった良い未来を待つようにときめいた。 感情起伏が激しくて煩わしい時もあるが、胸に剣がささったまま生きればそうなるだろうと思ってみてあげることにする。 ところでその剣を抜いてみて選んでくれという。 その言葉が必ず終わらせようという話のように痛い。




23528.jpg
ワンヨ(死神)/イ・ドンウク 30台後半推定


死ぬというのは、彼と先約ができることだ。 誰でも彼を見れば驚く。 初めにはハンサムで、その次には私が死んだんだなあと思って。 生の最後の瞬間に出迎えにきながらもあのようにセクシーな必要があるかと思う。 鬼であるキム・シンと一緒に暮らして一日に十二回ずつ変わる神の気まぐれに忍耐心が限界を感じるたびに、前世に大きい罪を犯したんだなあと思うが前世が何だったのか、人間でもあったのか、どのように死神になったのか全く分からない。 死で目を明けるのですでに死神であった。 死神になり出た日を数えるのを忘れた。 彼が数えていくのは無数の亡者の魂だけ. そのようなある日、偶然にあった1人の女性、ソニにめまいを感じた。 初めて見るのが明らかだが長く懐かしがった気持ちだった。 ソニの予測不可である行動は想像力を発揮しなければならなかったし、彼の下手な行動は全部誤答だった。 これがみな恋愛をドラマだけで習ったためだ。 彼はこんがらかった。 これは神の計画であろうか、失敗であろうか。




23527.jpg
キム・ソン/ユ・インナ  20台中後半


一人ぼっち天涯孤独。 幼稚に生きる女が世の中生きること一番楽なことを早くから悟った。 男の容貌は内面に入る窓で、キム・ジュンベのダイヤモンドは捉えるのが当然であることで、真の愛は通帳残高で感じられる。 誰かの初恋になるのが世の中で一番容易だったソニの年齢まもなく三十だった。 その男、死神に初めて会ったのはほしい指輪を発見した時であった。 彼は彼女に譲歩しなかった最初の残ろうだった。 一目惚れしたと当て推量するにはとても、悲しい目だった。 時計や身だしなみだけあらましおとしても年俸1億にぴったり見ても恋愛できなくなってみた母胎ソロである与えるほど分かったが、会うほどおかしな男だ。 外出することなく在宅する常で職業、年齢、過去の歴史その何も知らせてくれない。 初めにはただハンサムな糊口と考えたが、その悲しかった目が度々目にありありと浮かぶ。 同情は特技ではないのに。




23526.jpg
ユ・トクハ/ユク・ソンジェ 20台中後半

金箸とスプーン噛んで生まれたという話も不足する。 大韓民国経済史でユさん家を分からなければ金流通にならないという笑い話が出てくるほど屈指企業の宗家の子孫. 職業は財閥3世. 13台裂いて鬼を迎える家臣家の4代読者だ。 ユさん家が漢陽郊外宝石店で始めて大企業に成長したのもみな鬼の棒おかげとのことだ。 次の対円さらに私が迎えなければならないのだ。 ありふれている財閥3世のようにトクハは反抗を選んだ。 完ぺきな人生の一部門程度はそんなに消費しなければならないようだった。 人は痛ければ成長でも夏志鬼はあのように痛いのに永遠に単独で滞っている。 その事実を初めて悟った時、トクハは鬼が経た数多くの別れを思い出させた。 手だけたくさん行く兄だと思ったところ心もたくさん行くよ。 その日決心した。 寄付は匿名で、先行は黙々に、慰労は無関心に、補助は.. これから開始だ。


ザッとこんな感じで。

だいぶ分かりづらい文で申し訳ない[あせあせ(飛び散る汗)]
特にユッピー以外、翻訳の修正が面倒で。爆


なんとなーくの雰囲気を掴んでいただければ。ぷっ




ちょっとちょっとー。

ものすごーーーーく面白そうなんだけど、どうしますぅうう[ハートたち(複数ハート)]
(って・・・ビッグも相当期待してたけども・・・チーン・・・みたいな。ゲラ)

だいたい、ユッピーの年齢が初めてハナさんを越えました(;∇;)/~~



「オッパ~~[るんるん]

言えるやん(≧ω≦) 爺ぃ過ぎるけど。ゲラ




おっと、いけね。
こんな時間やーん。

ゲッチュー企画の準備で金曜日一睡も出来ないまま、
土曜日は一日中ゲッチューの作業をしていたので、
日曜日はほぼ一日中、寝て過ごしてしまって、今になって目がランラン・・・爆


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 2

MAYOO

ハナさん、アンニョン!!
ゲッチュ企画準備ありがとうございます。
鬼視聴方法わからなかったので、うれしいです\(^o^)/
楽しみですねー(^-^)v
by MAYOO (2016-11-28 22:47) 

ポッコッ

サラガヌン ハナさん アンニョン〜❤️

ついについにこの時がやってまいりましたぁ!
ユッピーのドラマ❤️
しかも...面白そうですぅ!^____^V

身内の介護、看取りのためようやくたどり着いたダラ4。
ゲッチュ企画に参加いただくことができなかった無念さの中、
こんなステキな役?でユッピーが観れるとは。
しかも、ドンウクッシも共演!^#^
かつての”ラジオ出演”からのプチファンとしては嬉しいですぅ。
視聴方法もいつもながらカムサエヨ。
今後の最大の楽しみにしまーす!

私も今回は心おきなく『オッパ〜❤️』と叫んでみます
(この際ジジイでもいいわ!)^0^;
by ポッコッ (2016-12-03 15:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。